ChuChuBaby ベビー用品メーカーでおなじみの「チュチュベビー」

チュチュベビー情報局

2017.02.06 研究発表

「子どもの歯・口の健康」②~乳歯の役割~

乳歯はいずれ永久歯に生えかわる運命にありますが、それまでの間、子どもの口の健康上多くの重要な役割を果たしています。
にもかかわらず、乳歯の重要性については、正しく認識されていない場合が多々あるというのが、私の小児歯科医としての実感です。実際、「乳歯はどうせ抜けるから、むし歯になっても治さなくてもいいですよね」とおっしゃる方が少なからずおられます。

乳歯の種類と生える時期

乳歯の種類と生える時期を図1に示します。
乳歯の種類と生える時期

乳歯は切歯が上下左右で8本,犬歯(一般には糸切り歯と呼ばれる)が上下左右で4本,奥歯(臼歯)が上下左右で10本,合計20本あります。
乳歯は生後6カ月頃に下の切歯から生えはじめて,ちょうど初めてのお誕生日の頃には,上下4本ずつ生えています。切歯が生えそろってしばらくすると,第一乳臼歯が,続いてその手前に乳犬歯が生えてきます。

この頃はちょうど1歳6カ月健診の時期です。最後に,2歳を過ぎてから,一番奥の第二乳臼歯が生えてきます。こうして2歳から3歳の間に全ての乳歯が生えそろい,乳歯の歯並びが完成します。このくらいの時期になると,食べる機能もかなり充実してきて,大人に近いような食事もできるようになってきます。

6歳頃になると,乳歯の歯並びの一番後ろに,最も大切な永久歯と言われている第1大臼歯(一般には六歳臼歯と呼ばれている)が生えてきます。つまり小学校に入学する頃までは,乳歯だけで過ごすことになるわけです。

しかし,これはあくまでも平均的なもので,歯が生える時期や順序には個人差(前後6ヶ月くらい)があります。ですから,少しくらい生えるのが遅いからといって,特に心配する必要はありません。ただ,図に示した標準的な時期から極端に遅れている場合には,歯科医院で検査してもらうとよいでしょう。