ChuChuBaby ベビー用品メーカーでおなじみの「チュチュベビー」

チュチュベビー情報局

2018.08.02 研究発表

「子どもの歯・口の健康」⑦ 【むし歯編】~むし歯の進行~

むし歯の進み方

「子どもの歯・口の健康」⑦ 【むし歯編】~むし歯の進行~

むし歯の進み方を学校検診などで使われている、むし歯の進行程度を表す記号を使って説明すると図のようになります。
CO:歯の表面に白あるいは茶色の濁りが見える状態です。奥歯の溝が茶色く見える。表面はなめらかで痛みはありません。
C1:エナメル質の中だけに限局したむし歯です。歯の表面に小さな穴があいた状態で、色はついているが、痛みはありません。
C2:エナメル質の内側にある象牙質にまで及んだむし歯です。肉眼で見ても穴があいているのがわかることもあります。この段階になると穴がどんどん大きくなっていき、むし歯が神経(歯(し)髄(ずい))に近づくにつれ、次第に痛みを感じるようになります。
C3:神経(歯(し)髄(ずい))まで到達したむし歯です。かなり大きな痛みを伴います。
C4:むし歯のために神経が死んで根まで悪くなった状態です。歯の形はほとんど残っていません

つまり、むし歯は、色が変わる、穴があく、痛くなる、歯が死んでしまうという順序で進みます。