デンティスター 出っ歯になりにくいおしゃぶりにミッフィー新登場

自然な口腔の発達のために開発されたデンティスター

出っ歯になりにくい前歯への圧力を少なくする3つの特徴

指をしゃぶるという行為。
指をしゃぶるという行為は、赤ちゃんの心を穏やかにし、心地よくさせる、先天的な自然の行為です。しかし、通常、親指をしゃぶる事は赤ちゃんの前歯に高い圧力を与え、前歯の開き等の悪い歯ならびの要因となります。 親指をしゃぶる図
おしゃぶりは発達する歯に与える圧力を少なくし、口腔の自然な発達をやさしくサポートするものでなければなりません。
ゴム部分が厚いおしゃぶりでは、親指をしゃぶる行為と同様に、前歯にかかる圧力が大きすぎ、悪い歯ならびの原因となります。
おしゃぶりは発達する歯に与える圧力を少なくし、口腔の自然な 発達をやさしくサポートするものでなければなりません。
指をしゃぶるという行為は、赤ちゃんの心を穏やかにし、心地よくさせる、先天的な自然の行為です。しかし、通常、親指をしゃぶる事は赤ちゃんの前歯に高い圧力を与え、前歯の開き等の悪い歯ならびの要因となります。
親指をしゃぶる図 厚みがあるので、歯とアゴの圧力が大きく、スペースも少ないため歯並びが悪くなる。
親指をしゃぶる図 厚みが薄いので、歯とアゴの圧力も最小限に抑えられ舌の入るスペースが確保されている。