ChuChuBaby ベビー用品メーカーでおなじみの「チュチュベビー」

よくあるご質問

オーラル

デンティスター1・2についてのよくあるご質問

  • 乳首の内部に洗剤の泡や小さなゴミが入ってしまいました。取り出し方を教えてください。

    ボウルに綺麗なお水を張り、その中にデンティスターを沈めて、乳首部分をスポイドのように何度か押していただくと、乳首内部のものが出やすくなります。
    乳首に亀裂等がなければ、乳首内部のものが、赤ちゃんのお口に入ることはございませんので、安心してご使用ください。デンティスターは安全上、分解できない構造となっていますので、決して分解しないでください。

  • 乳首が切れてきた。ちぎれてしまった。

    絶対に使用しないでください。
    チュチュベビーのデンティスターは、構造的に乳首の根元部分が薄いため、おしゃぶりの乳首を強く噛むくせのある赤ちゃんは、ご使用を控えてください。使用を続けると乳首の裂けを招き、最悪の場合窒息を引き起こす危険性があります。
    また、おしゃぶりは消耗品です。清潔にご使用いただくためにも1ヶ月~1.5ヶ月で新しいものとご交換ください。ご使用前には、都度乳首に亀裂等がない事をご確認ねがいます。
    傷みや劣化によって透明感がなくなり白く濁ったときや形状の変化が見られた場合は、期間に関係なく使用を取りやめて新しいものと交換してください。

  • 乳首の内部に水が入ってしまいました。取り出し方を教えてください。

    取っ手が付いている外側の部品に、小さい穴が2つあります。その部分を下に向けて、振って取り出してください。また、しばらく置くことでその部分から自然乾燥いたします。
    乳首内の空気の流れを作り乳首の柔軟性を保つため、デンティスターは、あえて構造上取っ手側に隙間を設けております。密封してしまいますと、空気の流動性がなくなり、赤ちゃんがくわえて力を入れたり押したりする際に、容易に破損・亀裂をしてしまうためです。また、乳首に亀裂等がなければ、乳首内部の水は赤ちゃんのお口に入ることは
    ございませんので、安心してご使用ください。デンティスターは安全上、分解できない構造となっていますので、決して分解しないでください。

  • ニオイがして気になります。取る方法はありますか?

    煮沸消毒がおすすめです。
    乳首部分はシリコン素材です。シリコン素材は、ニオイや色、水分を吸着しやすい性質があります。保管場所や洗剤のニオイを吸着することもあります。しばらく風通しのよい場所に置いておくだけで、だんだん薄くなっていきます。

  • おしゃぶりをあまり使用してはいけないと聞きますが、メリットデメリットを教えてくだ さい。何歳頃までに止めさせればいいですか?

    赤ちゃんのおしゃぶり(指しゃぶり)は、自然な行為なので初めから無理に止めたりする必要はありません。それぞれのメリット、デメリットをご理解の上、適宜対応してください。

    <メリット>
    精神的な安定、泣きやむ、静かになる、入眠がスムースになる。(おしゃぶりは入眠したら必ず外してください。)

    <デメリット>
    おしゃぶりは一度使用すると癖になりやすく、長時間に渡って使用していると噛み合わせが悪くなる確率は使用していない子供と比べると高くなります。言葉掛けやふれあいが減る、発語の機会が減る等のデメリットがあります。
    また、赤ちゃんは生後4~5ヶ月くらいになると、そばにあるものを何でも口の中に持っていってしゃぶるが、これは目と手の協調運動の学習と共に色々なものをしゃぶって形や味、性状を学習している行為です。おしゃぶりを常用していると手で掴んで口へ持っていくことができないため、大切な学習の機会が奪われることになってしまいます。

    ~アドバイス~
    発語やことばを覚える1才過ぎになったら、常時使用しないようにして2才頃までには使用を中止する。おしゃぶりを使用している間も声かけや遊ぶなどのお子様とのふれあいを大切にしてあげる。お子様が一番望んでいるのは、おしゃぶりではなく愛情。
    大人の都合で、おしゃぶりに依存してしまうことがないよう必要なときに時間を決めて使用することをおすすめします。