ChuChu公式サイトよくあるご質問洗浄・除菌

洗浄・除菌に関するよくあるご質問

つけるだけシリーズ

  • 空間除菌等に使用される次亜塩素酸水の代わりということですが、
    電気分解でつくられる次亜塩素酸水と次亜塩素酸Naは、別物です。
    事故に繋がるおそれも十分ありますので、決して代用しないようお願いします。

  • 未開封で、つけるだけ1100mL・つけるだけタブレットは製造から3年、つけるだけ濃縮タイプは製造から2年です。通常一度開封された場合は、できるだけ早く使用いただくようお願いしております。つけるだけ1100mL・つけるだけ濃縮タイプ400mLは、キャップをしっかりと締め立てて適切に保管ください。

  • 1.金属製品を溶液につけると、反応をおこして変色することがあります。成分には金属を腐食(さび)させてしまう作用があるため気をつけてください。また溶液も効果が低下してしまいます。
    2.井戸水で溶液をつくられた場合、井戸水には鉄やマグネシウム等のミネラル分が含まれているため、反応をおこして変色することがあります。害などはありませんが、効果が低下してしまうため、今後は煮沸やレンジ消毒をおすすめします。

  • 1.使用できる素材…哺乳びん乳首等(プラスチック、ガラス、シリコーンゴム、イソプレンゴム)、野菜、果物
    2.使用できない素材…金属、メラミン樹脂、木、獣毛類、漆器等
    ※液体のつけるだけは、使用できない素材にゴマも含みます

  • すすがなくても大丈夫です。タブレットは錠剤タイプなので、成分の一部が水質、水温などで溶け残ってしまうことがあり、また独特のニオイも液体よりも強いので、念のためにすすいでくださいと表示をしています。

  • つけるだけの成分(次亜塩素酸ナトリウム)は、食品添加物としても一般的に使用されている安全性の高いものです。哺乳びんに水滴が残っていても、ミルクと反応をして塩(塩化ナトリウム)に変化するため、すすがなくても大丈夫です。もし、ニオイが気になる場合は水道水ですすいでください。

  • 調製した溶液に1時間つけていただくことで除菌ができます。
    シリコーン製の乳首等のゴム製品は、長時間つけることで、素材自体が水分を含んで白くみえることがあります。安全性に問題はありませんが1時間を目安に取り出すことをおすすめします。

  • 1度調製した溶液は、24時間以内は何度でもご使用いただけるという意味です。ただし、消毒される哺乳びんなどは、きれいに洗浄してから溶液につけてください。汚れが残っていると、溶液の消毒効果が低下していきます。

哺乳びん野菜洗い

  • 日光や温度により変色してしまうことがあります。しかし品質には問題はありませんのでご使用いただいても大丈夫です。

  • 哺乳びん野菜洗いコンパクトのノズル部分に洗剤が固まっていることが考えられます。キャップを外して固まっている洗剤を爪楊枝などで取り除いてください。哺乳びん野菜洗いコンパクトは天然植物性を使用していますので、一般用洗剤と比べると固まりやすい傾向があります。使用後はノズルを押して封をきちんと閉めてください。